市販の酵素ドリンクと手作り酵素ドリンクの違い

市販の酵素が高価なのにはそれだけの理由があった!
手作り酵素
買うか作るか、迷っているあなたのために

  • 酵素が身体に良い理由
  • 手作り酵素ドリンクは果物一品で作られる
  • 市販の酵素ドリンクに含まれる食材の数は?
  • 市販品一瓶に野草キロ単位
  • あなたは同じものを手作りできる?

最近、健康や美容のために酵素を生活に摂り入れる方が増えてきました。

諸説ありますが、一説には、酵素は人間の生命活動に必要不可欠なもので、
年齢とともに減少していくものだそうです。

健康に良いとされる酵素が入った酵素ドリンクやサプリもたくさん売られています。
しかし高価なためか、酵素ジュースを手作りされる方もいらっしゃるようです。
市販のものと、手作りではどこが違うのでしょうか。

酵素ドリンクをご家庭で作る場合は、一般的な方法としてはみかんやりんごなどの果物一品と水、そして白砂糖を1:1:1の割合で作ります。ここでは具体的な作り方は省きますので、必要とあれば検索してください。
一品で作るのは、そのほうが失敗しにくいためです。

一方市販のドリンクは、野草や果物、野菜などが数十種類以上含まれています。
徹底的な衛生管理のもと、豊富な栄養素が含まれ、なおかつ口当たりも良く飲みやすいものとなっています。

安全な品質であること。

値段が高いのには、それだけの理由があるのですね。
ちなみに、一瓶あたりキロ単位の野草が含まれているそうです。
ご家庭で同じものを作るのは、まず不可能と言えるでしょう。

まとめ

手作りされる場合、注意が必要なのは発酵と腐敗の区別が素人には判断しにくいことです。
一日二回ほど素手で撹拌する必要があるのですが、手を綺麗に洗って撹拌しないと雑菌が混じります。

また保存容器や果物を切る包丁・まな板も殺菌してから使うようにしてください。
腐敗したジュースを飲むと下痢や腹痛の原因となります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ