消化酵素複合剤と酵素サプリメントの成分は?

薬やサプリメントに頼る前に、まずは食生活の見直しを。

消化酵素複合剤

今流行りの酵素ダイエット。いろいろな薬やサプリが売られているけど?

  • 酵素の分類とその働き
  • なぜ代謝が悪くなるのか
  • 代謝が悪くなるとどうなるのか
  • 消化酵素剤と酵素サプリそれぞれの働き
  • 基本の和食を見直そう

人間の体内で作られる酵素には消化酵素と代謝酵素があります。
消化酵素は食べ物が体内に入ったあと、それらを消化するのに使われます。

代謝酵素は必要な栄養分を各器官に届けたり、体内の代謝を高め、不必要な毒物や老廃物を排出するのを助ける大切な働きをします。

その他体外から摂り入れる食物酵素がありますが、食物酵素は加熱されると働かなくなってしまいます。
酵素にはこの3種類があり、どれも大切なもので、人間が生きていくのに必要です。

一説には、現代人は加熱された食物を摂ることが多いので、食物酵素が不足しています。
そこで体内の消化にエネルギーをたくさん使うため、代謝が悪くなっているそうです。
すなわち、血液がドロドロだったり、太りやすくなるわけです。

消化酵素複合剤は体内の消化を助けますし、酵素サプリメントは体内の代謝を高めます。
しかし両方を併用する必要はないと思います。

本来、日本食には納豆や味噌といった、酵素が十分に含まれた食品がありますので、
まずは食生活を改善し、足りない分はサプリで補うといったやり方が良いのではないかと思います。
消化酵素複合剤を処方してもらう場合は、必ず医師の診断を受けましょう。

まとめ

食べ過ぎは消化酵素にエネルギーを使いすぎ、代謝が悪くなる原因となります。
和食中心で少しの量を食べ、よく噛むこと。

また太陽の下で適度な運動やストレッチも代謝には効果的です。

生の果物を食べるのも良いでしょう。
結局、昔からよく言われる「早寝早起き、粗食小食、和食中心」が健康と長寿の秘訣なのかもしれません。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ