生野菜と酵素ドリンク、それぞれの利点と欠点

酵素を上手に摂取するには生野菜?または酵素ドリンク?

生野菜 酵素ドリンク
酵素を効率よく摂取するために大切なこと

  • ローフード(生野菜)が注目されている理由
  • 生野菜を毎日たくさん食べることを続けるのはたいへん
  • 酵素ドリンクとスムージー
  • 糖分に注意して手軽な酵素ドリンクを飲もう

代謝を促し、より健康に美しくなるために酵素が大切だということはよく耳にします。
酵素は味噌などに代表される発酵食品や野菜・果物に含まれていますが、ここでひとつ問題なのは、酵素は熱に弱いということです。

加熱すると酵素の働きが得られないので、野菜ならば生で食べるのが望ましいとされています。
いわゆる「ローフード」ですね。

しかし、一日に生野菜を食べられる量には限界があります。
偏りなくいろいろな食材を生で食べるとなると、金銭的にも時間的にも、続けるのは難しいでしょう。
そこで酵素ドリンクが注目されているわけです。

酵素ドリンクは手作りすることもできますし、市販のものもたくさん売られています。
発酵させずにミキサーで絞っただけの「スムージー」でも酵素を摂ることはできますが、
この場合は作り置きできませんので、作ってすぐに飲みきることが大切です。

ただ酵素ドリンクにも弱点はあります。それは含まれる糖分です。
手作り酵素ドリンクでは、野菜や果物と白砂糖を同じ割合で配合します。

たとえば、果物1キロに対して白砂糖が1キロです。
酵素ドリンクは手軽に必要な酵素を補うことができますが、飲みすぎには注意です。

まとめ

ざっと解説したように、酵素を摂取するには生野菜や発酵食品を食べる、生野菜ジュースを飲む、酵素ドリンクを作る、市販の酵素ドリンクを飲むなどがあります。

中でも手軽で栄養豊富なのが市販のドリンクということがわかります。
ご自分のライフスタイルに合わせて、単一、または組み合わせて効率よく酵素を摂り入れましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ