生の果物と酵素ドリンク、どちらを選ぶ?

美容に良いとされる果物酵素をもっと上手に摂り入れよう

  • 酵素ドリンクに果物が使われる理由
  • 生の果物でなければ意味がない
  • スムージーはミキサー選びが大切
  • 一日に必要な果物の量
  • 市販の酵素ドリンク、ここに注意

果物に豊富に含まれる酵素を手軽に摂り入れるために

酵素ドリンクには果物が多く使われています。
その理由は、果物に含まれる豊富な酵素と、もうひとつ、味を良くするためです。

市販の酵素ドリンクでも、手作り酵素ドリンクでも、果物は多く使われます。

果物に限らず、酵素は生の状態でないと、身体に吸収されることができません。
加熱すると、酵素は破壊されてしまうのです。ですから、生の果物や野菜を摂取することが大切になってきます。

果物を絞った生ジュースやスムージーでも酵素を摂ることができますが、高速回転ミキサーではやはり酵素が破壊されやすいので、低速のものを選ぶと良いでしょう。

一日にみかんなら約2個、林檎なら約1個を食べられるなら、十分な酵素を得ることができますが、
それが難しい場合は、酵素ドリンクをお勧めします。手軽に酵素を摂取することができます。

ただし、市販の酵素ドリンクの中には保存料や着色料が含まれているものもあります。
できるだけそういったものが含まれていないものを選びましょう。

生の果物も安心できません。大量の農薬が使われていることがあります。
果物を洗う前に少量の重曹を溶かした水で漬け置き洗いすると、残留農薬を減らすことができます。

ベジライフ酵素液 評判

まとめ

果物は健康と美容に良いとされていますが人により好き嫌いも多い食材のひとつです。
果物独特の酸味が苦手な方もいます。

でも酵素ドリンクなら、野菜ジュースなどで割って手軽に摂れるのでお勧めです。
市販の酵素ドリンクは果物酵素だけでなくたくさんの野草や野菜が含まれていますので、現代人の健康維持に役立つでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ