酵素不足とアトピー性皮膚炎

誰にも言えないその辛いかゆみ、ただれに酵素を!

酵素 アトピー性皮膚炎

現代医学でも治りにくいとされるアトピー性皮膚炎。その原因は意外なところに。
  • ・酵素の大切さ
  • ・アトピーの原因は酵素不足
  • ・酵素が不足するとこんなに怖い
  • ・現代病は食生活の改善から
  • ・アトピーが発症するメカニズム

酵素は人間の生命活動にとても大切な、基本となるものです。
酵素が不足すると、様々な疾患が起こります。
そのひとつがアトピー性皮膚炎です。

アトピーというのはアレルギーの一種で、免疫不足に様々な要因が重なり、発症するものです。
酵素が十分に足りていれば、これらの症状を改善することが可能です。
言ってみればアトピーも花粉症も、食生活が大きく変わり免疫が不足したことによる、酵素不足が原因の現代病といえます。
ですから酵素を意識して摂ることで、体質を良い方向へ変えることができます。

アトピー性皮膚炎の患者は、卵や牛乳を避けた方が良いと言われることがありますが、
その理由は体内にこれらを十分に消化するための消化酵素が不足しているからです。
卵や牛乳に代表される動物性蛋白質を消化するには、たくさんの酵素が必要となります。
体内でそれが十分に足りていなければ、過剰反応が起こります。
この過剰反応がかゆみなどの皮膚炎となって信号を送っているのです。

その反対に生野菜サラダなどは、食物酵素が生きたまま体内に届きますので、アトピー性皮膚炎の方には身体に優しいメニューといえます。
味噌汁や納豆といった発酵食品も良いでしょう。
酵素は熱を加えると働かないので、生で摂取するのに適しているのです。

ベルタ酵素 ブログ

酵素不足とアトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎はひどくなると喘息を引き起こし、特に小さな子供が患うと痒みから集中力がなくなったり夜眠れないなど、色々と問題が起こりやすいものです。
現代医学では完治することは難しく、難病と言えます。
ステロイド系の塗り薬を処方されることが多いですが、ステロイドの多用は長期的な眼で見ても身体に良いとは言えません。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ